山形県健康福祉祭(ときめきねんりんピック)

第22回 山形県健康福祉祭

第22回 山形県健康福祉祭(ときめきねんりんピック2013)
各競技種目が終了しました

6月20日のゴルフ競技から始まった健康福祉祭も10月29日の太極拳競技と社交ダンス競技をもって、全競技種目が無事に終了しました。
本年度の選手・関係者の参加者は2,300人となりました。

バレーボールのような
バトミントンのような
ドイツ発祥のニュースポーツ。
赤い羽根が宙を舞います。

(インディアカ)

ボールを打つと、
水しぶきが上がる程の雨のなか
一打一打慎重に。

(ゲートボール)

相手の手を読み先を読み
ここ一本、真剣勝負。

(将棋)

年齢を感じさせないスピード。
来年、栃木県で開催される
全国大会に向けて白熱!!

(卓球)

心身の鍛練をする日本の武道、
見ているだけで身が引き締まります。

(弓道)

可憐に、
そして優雅に、
リズムに合わせて

(社交ダンス)





第22回 山形県健康福祉祭「美術展」を開催しました

平成26年2月20日(木)~2月23日(日)の4日間、山形美術館において、第22回山形県健康福祉祭「美術展」を開催しました。
日本画・洋画・彫刻・工芸・書・写真の6部門に、210点の力作が出品され、会期中はおよそ1,000人の来場者にご鑑賞いただき、盛会に終了することができました。
各部門で入賞された2作品(合計12作品)が、平成26年10月に開催される「第27回全国健康福祉祭とちぎ大会」の美術展に出展されます。


たくさんの方々にご鑑賞いただきました。

日本画の部・県知事賞
森谷禮次郎さんの作品
“羽黒山五重塔”

洋画の部・県知事賞
平吹信彦さんの作品
“あしがたシリーズ2013-10 汚された大地4”

彫刻の部・県知事賞
引地兼二さんの作品
“宇宙の風”

工芸の部・県知事賞
小松トモさんの作品
“花あかり”

書の部・県知事賞
神保照子さんの作品
“李白詩”

写真の部・県知事賞
田中二男さんの作品
“夕日能”

最終日には表彰式を開催。
入賞された52人の方々、
おめでとうございます。