TOP>事業所区分

【事業区分別施設の説明】

機ハ型擁〇禹楡漾Σ雜酳欷瓜楡

1.養護老人ホーム

65歳以上の者であって、身体上もしくは精神上または環境上の理由及び経済的な理由により、居宅において養護を受けることが困難な場合、入所により養護することを目的とする施設。

2.介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

65歳以上の者であって、身体上または精神上著しい障害があるため、常時の介護を必要とし、かつ居宅においてこれを受けることが困難な場合、入所により養護を目的とする施設。

3.軽費老人ホーム

【A型】低所得層に属する老人であって、家庭環境、住宅事情等の理由により居宅において生活することが困難な者が、低額な料金で利用し、健康で明るい生活を送ることを目的とする施設。

【ケアハウス】60歳以上のものであって、身体機能の低下や高齢のため独立して生活するには不安が認められている者で家族による援助を受けることが困難なものを定額な料金で利用させる施設。

4.介護老人保健施設

疾病、負傷等により寝たきりの状態にある老自またはこれに準じる状態にある老人に対し、看護、医学的管理の下における介護及び機能訓練その他必要な医療を行うと共に、その日常生活上の世話を行うことを目的とする施設。

5.介護療養型医療施設

認知症の状態にある要介護者の心身の特性に応じた適切な看護が行われる機能を有する病院または診療所であって、療養上の管理、看護、医学的管理下における看護その他の世話及び機能訓練、その他必要な医療を行うことを目的とする施設。

供サ鐶陬機璽咼校業所

1.老人デイサービスセンター・通所介護事業所

居宅要介護者に対し、通所しながら入浴及び食事の提供、その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行うことを目的とした事業所。

2.特定施設入居者生活介護事業所
(〕料老人ホーム▲吋▲魯Ε広9眷齢者向け優良賃貸住宅ね楔醢型優曄璽燹

入所している要介護者に対し、提供するサービスの内容、担当者その他厚生労働省令で定める事項を計画に基づき、入浴、排泄、食事等の介護その他の日常の世話、機能訓練及び療養上の世話を行うことを目的とした事業所。

3.訪問介護事業所

要介護者または要支援者に対しその者の居住において、入浴、排泄食事等の介護その他の日常生活上の世話を目的とした事業所。

4.訪問入浴介護事業所

居宅要介護者に対し、その者の居宅を訪問し、浴槽を提供して行われる入浴介護を行う事業所。

5.訪問リハビリテーション

居宅にいて介護を必要とする人の心身の機能の維持回復を図り、日常生活の自立を助けるための理学療法、作業療法やその他必要なリハビリテーションを行います。

掘ッ楼萍着型サービス事業所

1.小規模多機能型居宅介護事業所

居宅にいて介護を必要とする人に、居宅またはサービスの拠点に通わせるか短期間宿泊させて、入浴、排せつ、食事等の介護その他日常生活上の世話、及び機能訓練を行います。

2.認知症対応型共同生活介護事業

認知症で居宅にいて介護を必要とする人に、共同生活を営むべき住居で、入浴、排せつ、食事等の介護その他日常生活上の世話、及び機能訓練を行います。