離職介護福祉士等届出制度

【介護福祉士等の資格をお持ちの皆さんへ】

平成29年4月から離職時の届出制度がスタートします!

介護福祉士の資格をお持ちの方、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、旧ホームヘルパー養成研修1級・2級課程、旧介護職員基礎研修を修了された方、この届出制度を活用してください!パソコンやスマホから手続きできます。

 

<制度創設の背景や目的>

クリックで拡大します。(PDF)

 社会福祉法の改正により、2017年4月1日から介護福祉士資格をお持ちの方は、離職時に都道府県福祉人材センターに届出ることが努力義務となりました。これは、介護福祉士の資格を持ちながらも業務に従事していない、いわゆる「潜在介護福祉士」と呼ばれる方が全国で4割を超えていると言われる中、社会福祉法の改正により、介護福祉士有資格者が離職時に県福祉人材センターへ届け出ることが努力義務化されたものです。こうした有資格者を介護分野に呼び戻し、介護人材の中核として就労を継続してもらうこと、届出により県福祉人材センターと接点を持ち続けることで、介護職としての関心の継続を促し、再度介護職としての就業を希望する際には、円滑に就業支援へと結びつけ、介護福祉士有資格者の介護分野以外への流出や今後の潜在化を防ごうという目的があります。

 また、努力義務ではありませんが、就業中でも介護福祉士資格をお持ちの方は届出ができます。さらに、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、旧ホームヘルパー養成研修1級・2級課程、旧介護職員基礎研修を修了された方も登録可能です。

 介護現場を離職した理由には、様々なものがあると思われますが、資格を取ったものの介護職として勤めなかった方も含め、今回の制度の趣旨を御理解いただき、県福祉人材センターへの届出をお願いします。

 また、今回の施策は介護業界全体として推し進める介護人材確保策であり、社会福祉法には事業者側も介護福祉士の届出を支援する努力義務が規定されています。事業所の皆様にも主旨ご理解いただき、ご協力をお願いいたします。

<インターネットでの届出方法>

1 「福祉のお仕事」ホームページにアクセス
 http://www.fukushi-work.jp/

2 届出専用画面(介護または保育)のカテゴリを選び、氏名や住所、メールアドレスなどの必要事項を入力。

3 手続き完了後、届出者専用の「マイページ」が開設されます。

4 「マイページ」から求人票や事業所の検索が行える他、県福祉人材センター提供情報の閲覧、「求職登録」が行えます。

5 「求職登録」を行うと、求人票への応募や県福祉人材センターへの紹介状発行をネット上から依頼することが可能になります。

 

届出方法に関するリーフレットのダウンロードはこちらから